とよた地域材利用促進協議会 木づかいで、森と地域を元気に!

とよた地域材利用促進協議会とは?

とよた地域材利用促進協議会は、豊田市の森林から伐採される原木から生産される木材(地域材)の利用を推進するため、市や木材関係事業者により結成されました。地域材を利用した住宅の普及や、住宅以外でも地域材を利用した製品の普及啓発を行い、地域材を使うことで豊田市の森林が健全に整備されることをめざしています。

団体の概要

名称とよた地域材利用促進協議会
会長鈴木 誠美(豊田森林組合組合長理事)
住所豊田市足助町横枕5番地(豊田森林組合内)
電話0565-61-1616
FAX0565-61-1617
設立平成27年8月

アクセス



とよた地域材利用促進協議会とは?

とよた地域材利用促進協議会は、豊田市の森林から伐採される原木から生産される木材(地域材)の利用を推進するため、市や木材関係事業者により結成されました。地域材を利用した住宅の普及や、住宅以外でも地域材を利用した製品の普及啓発を行い、地域材を使うことで豊田市の森林が健全に整備されることをめざしています。

>>もっと詳しく

豊田市産材を活用した事例